Loading... loading....
Cheaper price than regular books. Find here reasons to use CDJapan eBooks!

Jinko Niseno AI Ga Tsukuru No Ha Nise No No

人工偽脳 AIがつくるのは偽の脳 - 阿江忠/著

Jinko Niseno AI Ga Tsukuru No Ha Nise No No
eBooks Edition
If you want to read eBooks on PC, click here.
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 1320 yen
Points You Earn 13 points (1%)
Compatible Devices
Release Date Feb 21, 2020(JST)

Description in Japanese

【AIの実体は大したことはないので、何も恐れることはありません】

「最近はすごい人工知能も登場していますが、その背景にはコンピューター性能の飛躍的な向上があります。
人工知能は脳科学という観点からは偽脳つまり偽の脳にすぎず、真の脳ではありません。偽脳では印象は悪いかもしれませんが、「本物か偽物か」となれば「偽物」と言っていいでしょう。人間の脳を模した擬似的な脳になるなら、偽脳は十分役に立ちますし、特定の分野では人間の能力をはるかに超える力を持っています。」
「偽脳を人工知能でつくる技術の変遷はコンピューターの歴史そのものです。ですから、コンピューターの発展と同じようなものですが、技術にはブレークスルー的な変化があるため、ブームという表現が用いられます。
人工知能はコンピュータープログラムの1つですから、コンピューターの実用化が始まった1950年代から研究されてきましたし、そのころすでに人工知能のブームはありました。」

《第0次AIブーム(1955年ごろからの10年間)~人工知能の原理がつくられた時代》
《第1次AIブーム(1985年ごろからの10年間)~人工知能プログラミング基本の時代》
《第2次AIブーム(2015年ごろから現在進行中、2025年ごろまで?)~人工知能プログラミング実用化の時代》

「筆者は第0次ブームの終焉期から人工知能コンピューターの研究に関与してきましたので、今回のブームの“終焉”を2025年と予想しています。」
「ごく大雑把に今回のブームの骨幹をまとめると、人工神経回路網つまりニューラルネットワークでの学習方法が進歩したこと。と同時にコンピューターの発達により、ビッグデータ処理が可能になりました。
ここで人工知能の教科書を書くつもりではありませんので、メディアで取り上げられるような項目、つまり人工知能の応用分野から眺めるようにします。」
(「プロローグ」より)

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

See more published by OnDeck Books (NextPublishing)

More published by In Press R & D

Browse similar eBooks