毎朝、麻紀は3歳の娘を保育園に送り届けると、30分ほど満員の快速電車に乗って通勤している。ある日、身動きの取れない車内で、大胆な痴漢に遭った。いきなり両手で尻を揉みしだいてきたのだ。麻紀は軽い生地のプリーツスカートをはいていた。初夏の陽気に合わせたグリーンで、膝が少しだけ覗くぐらいの丈。ヒップラインが目立っていたのかもしれない。車内はすし詰め状態で身動きが取れず、麻紀は吊革を掴んで耐えるしかない。恋人の愛撫のような手つきに、徐々に感じ始めてしまう。スカートの中に手を突っ込まれ、白いビキニショーツがお尻の割れ目に食い込んでいく。麻紀のあそこはもうビショビショだ。尻の割れ目に痴漢のペニスを擦りつけられ、女性器を指で責められてイッてしまう麻紀。「明日もここに乗れよ。下着は着けてくるなよ」。そう痴漢に命令されて......。