「今年のベスト本!」と全米話題沸騰の新刊、ついに上陸! TEDTALK再生回数上位10% Thinker50連続ランクイン!

「大胆で刺激的なアイデアで生きる。勇気が湧いてくる書だ! 」 ダニエルピンク 「性別や年齢に関係なく誰もが使える“新しいパワー”がここにある!」 スーザン・ケイン

組織や上下関係はもはや力を持たない。 本質にフォーカスして、自分の人生を生きる。 これからの時代を生きるには、組織も肩書も捨てて生きる覚悟が必要になる。

<下記は目次より抜粋です> 1章 権力も立場も関係ない時代

今の環境から飛びだせば、本物の仲間と会える 肩書きがないからこそ、見える世界がある 歯車のひとつになるような働き方をやめる 年齢、性別、肌の色に関係なく、だれもが世界を変えられる時代

パート1 自分の個性をいかす ――自分が大切にしているものに気づく

2章 自分の居場所をつくる

押しつけられる「あなたらしさ」は拒否していい 既存の枠のなかに自分を押し込めてはならない 「他人からどう見られるか」が新しいアイディアを殺してきた 少数派は30%に達すると尊重される

第3章 目標を見つける

挑戦に綿密な計画はいらない 成功を求めると失敗するワケ 正しさにとらわれない

パート2 仲間の見つけ方 ――人間関係のパワーを変える

第4章 「自分の同類」を見つける

SNSでやってはいけないこと 批判的な人の意見を敢えて聞く 信じてもらうには、行動を見せるしかない

第5章 共通点ではなく、「共通の目標」をもつ

「売れるかどうか」ではなく、「好きかどうか」で決める 「業界の常識」を疑う 人は強制では変わらない 10%の仲間がいれば変化は起こせる

第6章 信頼で集団の力を最大化する

集団の力を最大化するために 「うまく自分をさらけだす」という能力 パワーは、専門家から個人へと移っている 信頼の基準を考える

パート3 変化を起こす ――共通の目標をもち、一体となる

第7章 無関心な人を引き込むには

大勢の人たちに関心をもってもらう 人は、「正しさ」では動かない 権力者が世界を牛耳る時代は終わった

第8章 集団のまとめ方

人に仕事を任せることを覚える アイディアは自分発信じゃなくてもいい 欠けていたのはゴールの設定

第9章 人生で達成したいこととは

個人の能力を発揮できる体制をととのえる 人間の想像力はテクノロジーに勝る 肩書きや学歴は個人の能力と関係ない

第10章 既存の枠に収まらないパワーを得るために

自分の人生は自分で決める 一人ひとりの能力をいかす オンリーネスの世界を実現するために