亡くなった祖父から家を譲り受けた八朔。誰もいないはずのそこには、寡黙な小説家の青年とその妹が住んでいて...。