【千邪の封魔師6巻のあらすじ】昔むかし、千邪札というお札で邪悪な妖魔を退治する封魔師という仕事があった。物語は最終章のシズミダタリ編。理由も分からず総本山に命を狙われる朔之進と白爛丸。赤羽と藍羽、そして父親違いの妹である大神族の茜に助けられ、すべての答えを明かすべく、朔之進の失った記憶と白爛丸の正体に迫る。シズミダタリ編26話~30話を収録。封魔師と妖魔、そして人間の心が織り成す和風ファンタジー。『ケロケロA』(角川書店)2010年3月号~2013年9月号連載 全9巻