時は江戸時代。五千石の旗本・鍋島直孝は悠々自適な隠居生活を送っていた。若い頃は女郎買いもして、妻や浮気相手も作った。女には不自由しない人生であった。しかし、何か漠然とした疑問と不満が心に残っていた。「性交はもっと気持ち良いものなのではないか?」そんな時、直孝の耳に入ったのが「竿師お寿々」という女の存在である。お寿々という名の女郎は、自らの手のみを使い、男性器を極上の快感へと導くのだというのだった。この噂話を聞いた直孝は、早速お寿々の技を受けようとするのだが......。