志保は飛行機のパイロットの夫と幸せな結婚生活を送っていた。仕事の関係上家を空けがちだが、妻想いの優しい夫。なのに、こんなに恵まれた結婚生活を送っているのに、心の内にあの頃の波の音が押し寄せる。熱い眼差しで海ばかり描いていた3歳年上の鷹司。輝く夏の中で二人は恋をした。青く煌めいていた海、潮騒の音...。今でも鮮やかに蘇る...。しかし鷹司は志保を置いて、突然姿を消してしまった。あれから10年...。今もあの頃の波音は打ち寄せ続ける...。