【この作品は同タイトルの単行本版です】ある日、美鞠が目を覚ますと、大きな豪華客船の一室で見知らぬ男に抱かれていた。「君をオレのものにすると決めた」美鞠の婚約者である北欧の伯爵・マーク。その弟のアラブの王族・ムスタファと彼は名乗る。愛するマークへの純潔を貫くため美鞠は抵抗するが、ムスタファは媚薬を口移しで注いできて...美鞠はマークと運命的な出会いを経て、相思相愛になった。しかし、自分はマークを裏切ってしまった。とにかく船から逃げ出そうとして、海に落ちてしまう美鞠。しかし、そんな彼女を、身を挺して救ったのはムスタファで...!?