雑誌の取材で訪れた書道家の先生は、強面で有名なオジさま。なんとか取材許可をもらおうと毎日通ううちに、2人きりの密室レッスンが始まって...!?「ほら、もっとよがれよ?」先生が極太の筆で私の濡れたアソコをこすってくる...!!「ひっ...ああぁん!!」乳首をコリコリつままれると、筆の毛先が糸を引くほど愛蜜が溢れてくるの...。「お願い...先生の、もっと硬くて太いのを私の最奥に突き刺してぇ!」