社交界の悪名高き放蕩者トマス・ボルトンは、物欲しげな女ばかりの集うパーティーに飽き飽きしていた。時間つぶしにウイスキーを片手に図書室に足を踏み入れると、そこには見慣れぬ優美な女性の姿が。ふっくらした魅惑的な曲線を描く唇に、ぼくのモノをくわえさせたら......きっと罪深いほど甘美な悦びを得られるだろう。ズボンの下のピラニアがいち早くその妄想に気づき、かつてないほどの興奮を示して固くなる。ところが、オリヴィアと名乗ったそのアメリカ人女性は、予想だにしない大胆な言葉を口にした。男と女は恋愛というゲームにおいては敵同士だと。そしてボルトンがありきたりの恋愛ごっこに飽きていると知るや、限界ぎりぎりまで互いを挑発し合う、“肉欲のゲーム”を楽しもうともちかけてきた。