一八一七年、キャロラインは亡き夫と旅する予定だったトルコを訪れた。スルタンが治める、初めての異国の地に、彼女は胸躍らせていた。ところがコンスタンティノープルへ渡る船で出会ったドリューによって、彼女の旅は東洋の神秘と奔放な愛の世界に触れる、思いがけない冒険の始まりとなった......。