途切れたはずの初恋の糸。 たぐり寄せれば、そこには彼が......。

両親を亡くし、天涯孤独のヘレナは、ある知らせを受けた。かつて父親が庭師をしていた屋敷の女主人イゾベルが亡くなり、その所有権の半分がヘレナに遺されたというのだ。手続きのために弁護士を訪ねると、思いがけない再会が待っていた。オスカー・テオトキス! イゾベルの大甥で、ギリシアの有名な実業家。あのころ、ふたりは秘かに愛し合っていた――とヘレナは信じていた。 それなのに、彼は突然何も言わずにヘレナの前から姿を消したのだ。驚いたことに、屋敷の所有権のもう半分は彼に遺されたという。そして相続の条件は、1年間誰にも売却せず、ふたりで住むこと。つまりオスカーと1年間、ひとつ屋根の下に住まなければならないの?■しがない庭師の娘と、最愛の大甥を共同相続人に指命した、亡き女主人の思惑とは――。格差を超えて愛し合う2組のカップルの物語です。 あの日オスカーが姿を消した理由、そしてもう1組の切ないロマンスは、終盤、意外なかたちで明らかになります。