トリーはテロリストに捕まった兄の救出を請うため、兄の仲間のエリート特殊部隊員、マークのもとを訪れた。すでに監禁場所のイタリアの孤島に単身乗り込み、拷問の末に追い返されたトリーにとって、彼が頼みの綱だった。だが必死の願いもむなしく、断られてしまう。仲間を見殺しにするなんて、なんという冷酷な男なの!怒りと失望に打ち震えたトリーは、頼みを聞かないと彼の職業がスパイであることを町じゅうにばらすと脅した。すると、しぶしぶ電話で救出の手配を始めたマークが、受話器に向かって言った。「女を一人連れていく」