愛する娘を排水溝から救い出した男性を見て、ケリーは驚きを隠せなかった。ジャレッド・コルトン――かつて思いを寄せたけれど、遊び人と評判の彼とはつきあうわけにはいかないと、泣く泣くあきらめた相手だったのだ。聞けば今でも彼は一人の女性とつきあうことはないという。ケリーは距離を置こうと決意したが、ジャレッドは何かと口実を設けて、彼女を訪ねてくる。いったいどうしたらいいの?ケリーは途方にくれた。